痩身エステのキャビテーションはスゴイ!

痩身エステというとダイエットや痩せるためのメニューが豊富で専門のスタッフがいるエステサロンのことです。
通常のエステサロンより痩せさせることに特化した痩せるための専門エステサロンとなります。
今回はこの痩身エステで行われるキャビテーションについてご紹介していきます。

キャビテーションって何?

キャビテーションは痩せることや痩身エステに興味がある人はご存知の言葉かと思いますがはじめて聞く人も多い専門用語です。
キャビテーションとは、痩身エステで行われる脂肪を分解して痩せさせるメニューのことです。
このキャビテーションは簡単に言ってしまうと、切らなくて良い脂肪を減らすメニューと言っても良いです。
少し専門的に言うとキャビテーションは空洞現象で液体に圧力を与えると反発しようとして気泡が発生して消滅する作用のことを言います。
この泡が無くなる際の消滅現象を利用して身体の中の余分な脂肪を気泡がはじける際の大きな衝撃によって減らしてしまうのです。
この専門的なことをさらに簡単に説明すると、泡を作ってハジケル力で脂肪を減らすメニューのことです。
このキャビテーションは施術によって身体の表面を傷つけることがありません。
体内の余分な脂肪、細胞だけに作用するように超音波の周波数を設定してキャビテーション現象(空洞現象)を起こして脂肪細胞を減らすことができます。
これによって多くの女性がキャビテーションを行って脂肪を減らして痩せることに成功しています。
このキャビテーションは身体全体の厚みのある脂肪もグングンと減らしてくれる嬉しい痩身エステのメニューの一つです。
更には部分痩せも可能で痩身エステのメニューではキャビテーションとひとくくりにしている痩身エステのお店や、太ももの部分痩せ、顔や顎など部分痩せ、二の腕周りの部分痩せ、お腹まわりの部分痩せなど部分痩せメニューとしてメニュー化してその施術の際にキャビテーションで行う痩身エステのお店もあります。
キャビテーションは脂肪を減らすことに関しては非常に効果的で有効な施術メニューです。

キャビテーションで減った脂肪はどうなるの?

キャビテーションによって減った脂肪は身体の中で固形から液体に変わります。
これは脂質の飽和脂肪サインや不飽和脂肪酸などの話しにもつながりますが今回は割愛させて頂きます。
この体内で液体になった脂肪はそのまま…というわけではなく老廃物として血管やリンパ管を通って尿として体外へ排出することができます。
ただ、この際に代謝が悪い人は血液が滞っていたりリンパに流れが悪かったりしていますので、せっかく減らした脂肪が老廃物として溜まったしまいむくみやバランスの悪い体型になってしまうこともあります。
このことから、キャビテーションを行う際には同時に代謝効率を上げることやリンパの流れを良くすることも重要となります。
この件に関しては

痩身エステのお店を選ぶのにはこれだけは注意する!で詳しく説明していますのでそちらもご参考に。

キャビテーションが得意な場所はあるの?

キャビテーションは基本的には全身の脂肪を減らすことも部分的な脂肪を減らすことにもどちらにも施術可能です。
そんな中でも特に得意なのは…やはり部分痩せとなります。
キャビテーションの一般的な照射範囲が大体、日本人の手のひら2枚分の範囲となります。
このため、全身をおこなうのは時間効率があまりいいとは言えません。
ということは部分痩せが得意と言えます。
太ももなどの足や二の腕のタプタプ、お腹まわりなど部分痩せとして活用するのがおすすめです。
更にいうと痩身エステに限らず美しくダイエットをおこなうには、部分痩せが重要です。
美しいボディーを作るためには部分痩せがカギとなるのです。
なぜ部分痩せが重要なのか分かりますか?

痩せて美ボディーになるには部分痩せが欠かせない

美ボディーの条件って一体なんだと思いますか?
スタイルの良い身体です。
そのためにはメリハリが必要です。
胸は大きくウエストは引き締まってくびれがあって足先に向かって細くなっている。
イメージが湧いたかと思います。
コレが部分痩せが必要な理由です。
くびれを作るためにお腹まわりを痩せさせて引き締めるなど部分痩せをすることでメリハリが生まれます。
逆に全体を痩せさせようと全体痩せをおこないます。
そうすると…確かに全体は痩せて、ひとまわり小さくはなりますが…体型は変わりません。
体型はそのままで全体が痩せて小さくなっただけなのです。
それでは痩せても美しいボディーとは言えません。
この様に全体や体重を気にするよりも部分痩せによってボディーラインを整えてメリハリを作ることが重要なのです。
そのためにキャビテーションを上手に活用して美ボディーを手に入れて下さい。

キャビテーションも万能ではない

とっても効果的で素晴らしいキャビテーションではありますが、やはりデメリットもあります。
主なデメリットとしては

  • 超音波の不快音:特に若い人は大きく聞こえます
  • 胃や腎臓に負担がかかる
  • 即効性があまり無い
  • 定期的に行う必要がある

これらのデメリットがあります。
減らされた脂肪は液体になって血管やリンパ管を通って一度肝臓へ運ばれて尿などに変わって体外へ排出されます。
このためキャビテーションは肝臓に負担が多く掛かります。
キャビテーションをおこなった時にはアルコ―ルやタバコなどは控えるようにして下さい。
また、キャビテーション施術の前後1時間以内の食事も胃の負担を考えて控えて下さい。
キャビテーションは脂肪を減らして身体をめぐって脂肪を体外へ排出することとなります。
このため体外へ排出されるまで一定の時間が必要となります。
これらのデメリットも正しく覚えておいて憧れの美ボディーを手に入れましょう。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る